女の人と赤ちゃん

ママと赤ちゃんに必要な葉酸を積極的に摂取|貧血や流産の予防

体質に合わせた処方

先生

ピルを服用することで得られるメリットはたくさんあります。のみ忘れを防ぐことができれば、私たちの生活をよりよいものにしてくれるでしょう。大阪でピルを処方してくれる病院を探したいなら、インターネットで探せばたくさん出てきます。自分に合った病院を探してみてください。

Read

どんなことができるのか

看護師

着床前診断は妊娠前に遺伝子や染色体を調べることで、着床率を上げたり流産しにくいなどの利点があるため不妊で悩むカップルが注目している治療法です。倫理上の問題もあり、実施している病院は少ないですが、不妊治療の今後に向けて臨床試験が行われています。

Read

妊娠中に重要な栄養素

妊婦

摂取が推奨される理由

妊娠中に必要な栄養素は様々なものがありますが、妊娠初期に重要な栄養素が葉酸です。葉酸とはビタミンB9のことで、水溶性ビタミンB群の一種になります。体の細胞を作る時に必要不可欠な栄養素であり、細胞の分裂と増殖、臓器の形成を行うほか、母体の貧血や流産の予防などの効果があります。細胞を増やして臓器を形成するため、この栄養素が足りなければ胎児の神経などがきちんと作られずに神経管閉鎖障害などの先天異常になってしまうリスクが高まります。また、妊娠中だけではなく妊娠前の女性にも必要な栄養素で、摂取することによって妊娠しやすい体質作りにも有効です。厚生労働省では妊娠4週前から妊娠12週までの摂取が推奨されており、サプリメントなどが人気となっています。

含まれる食品

葉酸は食品にも多く含まれているものはあるため意識して摂取してくことをおすすめします。葉酸を多く含む食品としては、高タンパク低脂肪、低糖質なたたみいわし、料理に加えやすい焼き海苔、常備しやすく食べやすい納豆、野菜ではスープに入れれば水に溶け出した葉酸を摂ることができるモロヘイヤ、おつまみとして人気の枝豆、代表的な食材であるほうれん草などの緑黄色野菜に多く含んでいます。果物にも含まれており、みかんやイチゴ、バナナなどは食欲がなくても取りやすい食材です。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、熱に弱く天然の葉酸は吸収されにくいという特徴があります。そのため、効率的に摂取するためにはバランスよく食事を摂取しながら足りない分をサプリメントで摂取していくことが良いとされています。

妊娠するための治療

先生

不妊治療は妊娠を望むカップルが妊娠に至れない場合に受けるものです。内容は多岐にわたりますが、多くは検査を行い身体に問題がないかを調べ、そこから治療にアプローチしていきます。関西であれば大阪にクリニックが多くあり選択肢が豊富です。

Read