医者

ママと赤ちゃんに必要な葉酸を積極的に摂取|貧血や流産の予防

どんなことができるのか

看護師

染色体異常を事前に調べる

着床前診断とは、受精卵の遺伝子や染色体を分析して、妊娠する前に遺伝子異常や染色体異常がないか調べることが出来る医療のことです。着床前診断には遺伝子異常があるかどうかを診断するものと、流産を減らしたり、着床率を向上させるために行う着床前スクリーニングがあります。着床前診断を受けることで、事前に男女の性別を見分けることができたり、流産を予防する・妊娠率を上げるという効果があります。不妊治療において、着床しにくい、又は流産しやすい体質の方へ、着床前診断により受精卵を選ぶことで、着床しやすい、または流産しにくいというメリットがあります。着床前診断は妊娠前の検査になるため、中絶など女性の心身への負担が減ると考えられます。

簡単には行えない

遺伝子や染色体を調べるため、男女の産み分けを希望するカップルもいますが、日本では今現在、簡単には行うことが出来ません。日本では夫婦のどちらかが遺伝性疾患を持っている場合に、その疾患が遺伝してしまったり、流産をしないという点を目的として着床前診断が必要かどうか検討され、行われます。不妊治療中で着床しづらかったり、不育症などで流産を繰り返してしまう患者にとって着床前診断は着床率を向上させ出産確率が高くなるこの治療はとても注目されていますが、子どもの選択など倫理上の問題もあり、着床前診断を実施している病院が少ないのも現状です。着床前診断は体外受精で行われます。費用がかかることや肉体的負担などもあり、今後の治療の可能性が検討されています。