医者

ママと赤ちゃんに必要な葉酸を積極的に摂取|貧血や流産の予防

妊娠するための治療

先生

不妊の理由

不妊は自然な状態で妊娠を至れない場合や、妊娠を維持することができない状態を指し、いわゆる子供が出来ない状態といえます。男女どちらかに問題があれば不妊となるリスクは高くなります。一般的には1年間、避妊をしない自然な性交をして妊娠に至らないと不妊の可能性があると考えられ、検査をすることが推奨されます。間違った性交の知識などによって妊娠に至らない場合には適切な指導を受けることで妊娠に至るケースもありますが、そのような指導を受けても改善しない場合には身体的に何らかの問題があると考えられます。その場合には検査を経て問題点を診断して、その問題に適した不妊治療を受けることで妊娠に至る可能性を高めることができます。関西では不妊治療を行うクリニックは多くありますが、特に大阪には多くのクリニックがあり選択肢も豊富です。また周囲に知られたくないといった場合にも大阪での治療は最適です。

治療での効果

不妊治療としては、女性の場合には排卵、受精、着床の3つのプロセスに問題がないかを調べて治療を行います。これらは女性ホルモンの働きによるものが大きく、ホルモンの状態を改善することで問題点を改善することができます。一方で特に女性器に問題がある場合もあり、性感染症によって障害が出るケースもあります。これらは適切な治療を行うことで改善が可能な場合もあります。男性の場合によくある問題点は精子の量が少なかったり、受精させる正常な精子を製造することができなかったり、また膣内射精が上手くできていないなどが考えられます。精子製造に問題がある場合には投薬治療や指導によって行われるケースがあります。いずれにしてもこれらの治療が上手くいかなかった場合には人工授精などの不妊治療が行われます。大阪では、不妊治療を行うクリニックも多くメンタル面からアプローチする治療を行うところもあります。また大阪は人口が多いので医師の経験も豊富で治療に対する効果も期待できます。